LCCはデメリットもありますので注意しましょう

雲と青空

LCCはデメリットもありますので注意しましょう

安い料金で飛行機を利用できる格安航空券など、LCCを利用するメリットは多いことで知られています。
しかし、LCCにはデメリットもありますので、特に初めての方は注意する必要があります。
ここでは、LCCのデメリットを紹介します。

機内サービスについて

格安航空会社のデメリットとしては、まずこの機内サービスが挙げられます。
大手航空会社のサービスを利用したことがある人が、このLCCを利用すると驚く人も出てくるでしょう。
格安航空会社はコスト削減が第一であり、その浮いた分をチケット料金に還元しています。
それはそれで利用者にとっては嬉しいことですが、反面、サービスが簡素化されることがあります。
その一例が機内サービスです。
格安航空会社が提供する機内サービスは、その多くが有料化されています。
食べ物、飲み物などをはじめ、毛布や新聞、雑誌など、有料で提供されているところが多いのです。
もちろん、会社の中には無料のサービスを提供しているところもありますが、全体的には有料サービスのところが多いのが特徴です。
ですので、利用する際はその点の理解も大切です。

旅行で持っていく荷物について

重量オーバー表示
格安航空会社では、預ける荷物についても注意する必要があります。
こちらも大手航空会社では無料になっていますが、LCCの中には有料サービスのとろも少なくありません。
LCCは、預け荷物についてはチケットの基本料金に含まれていませんので、当然のことでもあります。
ですので、当日荷物が多い人は注意する必要があります。
旅行でスーツケースなど預ける人は、別に料金を用意しておきましょう。
そして、重さ制限も厳格であり、たとえ1キロでもオーバーしてしまうと追加料金を請求される場合があります。
参考として、バニラエアでは預ける荷物が20キログラムまで無料になるプランが有りますが、少しでも超えてしまうと追加で1000円が発生してしまいます。
「LCCを利用する際は荷物を最小限に抑えておく」、これが鉄則と言えます。


座席シートが狭い

窮屈そうな座席
格安航空会社を利用する時は、座席シートにも注意してください。
LCCではできるだけたくさんのお客さんを乗せるため、座席の数を増やしているところもあります。
そうなると、お客さんが座るシートのスペースも狭くなってしまいます。
ですので、飛行機の中であまりくつろげないかもしれません。
もちろん航空会社によってスペースは異なりますが、気になる方は一度確認しておくといいでしょう。

利用する際は注意しましょう

格安航空会社は格安航空券が魅力的ですが、その分サービスに影響が出てきます。
機内サービスの簡素化など、デメリットもありますので利用する際は十分注意する必要があります。

  ≪ 前の記事: を読む  

Copyright © 2017 驚くほどの価格設定、100円セールも存在するLCCの魅力 All Rights Reserved.